iBackup

シンプルなMacバックアップツール 差分バックアップや定期バックアップも可能

iBackup(アイバックアップ)は設定がシンプルで、手軽に使える無料のバックアップユーティリティです。設定画面がシンプルで直感的に分かりやすいのが特徴です。類似のバックアップツールであるTime Machineに比べシンプルな操作で素早くバックアップを行う事ができます。手軽にバックアップを始めたいという人におすすめです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 設定画面がシンプルで直感的に分かりやすい
  • 「システム設定」や「ミュージック」などカテゴリーごとにバックアップデータを選べる
  • 2回目以降は差分のみのバックアップが可能

反対票

  • ログファイルに詳細なファイル名までは記録されない

とても良い
8

iBackup(アイバックアップ)は設定がシンプルで、手軽に使える無料のバックアップユーティリティです。設定画面がシンプルで直感的に分かりやすいのが特徴です。類似のバックアップツールであるTime Machineに比べシンプルな操作で素早くバックアップを行う事ができます。手軽にバックアップを始めたいという人におすすめです。

iBackupはすっきりとして見やすいインターフェースを採用しています。画面上部でプロファイル(バックアップ設定)を選び、画面下部でバックアップ用のフォルダーや設定などを選択します。iBackupではバックアップデータが「システム設定」や「ミュージック」などカテゴリーごとに分けて表示されます。直感的に分かりやすく効率よくバックアップを行うことができるでしょう。設定が終わったら「バックアップ開始」をクリックするだけでバックアップを開始します。

iBackupは初回バックアップ時は選択したものをすべてバックアップするため、時間がかかることがあります。2回目からは差分のみ保存することが可能です。「Preferences」画面の「Advance」タブで「初回はコピー(ditto)、2回目から差分(resync)」を選んでおきましょう。

iBackupではバックアップの記録としてログファイルを作成します。記録される内容はバックアップを行った時間、保存先、バックアップの作業時間などです。ただし、詳細なファイル名までは記録されません。また、メニューや表記は日本語対応していますが、一部英語のメニュー表記が残っているところもあります。 iBackupはシンプルな設定と分かりやすい画面が魅力の無料バックアップユーティリティです。

セキュリティとプライバシー

iBackup

ダウンロード

iBackup 2014 7.6